歯のヤニを取るには

煙草を吸う方に共通の悩みと言えば、歯にヤニがついて黄ばむことや口臭です。さらにコーヒーも好きという場合は、黄ばみも口臭もより酷くなる場合が多いようです。

歯の黄ばみやヤニが気になって、一生懸命に歯を磨いてもなかなか落ちないという経験があるのではないでしょうか? 実は、一度歯が黄ばんでしまうと、歯磨きだけではなかなか白くはならないのです。 歯の黄ばみや黒ずみはステインという着色汚れが原因です。 タバコのヤニと言われるのもステインに含まれます。

煙草にはタールやニコチンが含まれていますが、これが唾液のペリクルと結びつくことでステインとなります。 ステインはがっちりと歯にくっついているので、歯磨きだけでは落としにくいのです。

歯のヤニ取りにはステインを除去する

歯のヤニをとるには、ステインを除去することが重要です。ステインを取ることで歯の黄ばみを解消し、白い歯にすることができます。 ヤニは直接的な口臭の原因ともなるので、ステインを除去することで口臭も減ります。

また、ヤニは唾液の分泌を低下させる性質があります。唾液には虫歯を防ぐための物質も含まれているため、唾液の分泌量が減ると虫歯の原因となります。 歯にヤニがついていることで良いことは1つもありません。ステインを除去して歯のヤニを取り除きましょう。ステインを取り除いて白い歯にすることをホワイトニングと言います。

ホワイトニングについて

ホワイトニングには大きく分けて3種類あります。
・オフィスホワイトニング
・ホームホワイトニング
・ホワイトニングジェル
の3つです。


オフィスホワイトニングは、歯科医院で行うホワイトニングです。強い薬剤を使うので、その日のうちにある程度キレイになります。費用は数万円から十万円程度と高額です。刺激の強い薬剤を使うので痛みがあります。そのため、虫歯がある場合は先に虫歯の治療をしなければいけません。


ホームホワイトニングは、最初に歯科医院でマウスピースを作ってもらいます。自宅でそのマウスピースに薬剤を塗り、歯に装着することでホワイトニングします。オフィスホワイトニングより弱い薬剤を使うので、効果がでるまでに2週間ほどかかります。費用は数万円かかります。マウスピースをしている間は食事などはできません。


ホワイトニングジェルもホームホワイトニングの1種ですが、マウスピースを作ってもらう必要はありません。ホワイトニング用のジェルや歯磨き粉を購入して、自分で歯を磨くだけです。刺激の弱い安全な成分から作られているので、効果が出るまでに1ヶ月ほどかかります。費用は3千円程度から始められます。


筆者はお手軽でリーズナブルなホワイトニングジェルをおすすめします。筆者も使っているおすすめのホワイトニングジェルはこちらです。

ホワイトニングジェルの選び方

歯のヤニ取りにはステインを除去する必要があります。だからといって研磨剤の入った歯磨き粉を使ってはいけません。研磨剤は歯のエナメル質を削ってしまうからです。歯のエナメル質は虫歯になるのを防ぐ働きがあるので、傷つけるとむし歯の原因となるからです。また、エナメル質の傷に汚れが溜まりやすくなるため、ヤニが付きやすくなります。

歯のエナメル質を傷付けずにステインだけを除去するようなホワイトニングジェルを選びます。ステインを除去する成分としては、ポリアスパラギン酸やポリリン酸があります。このような成分が入っていて、研磨剤を使っていないものがおすすめです。

ドラッグストなどで売っているホワイトニング用歯磨き粉は数百円ほどからありますが、安いものは研磨剤が入っているので良くないです。

歯のヤニ取りにホワイトニングジェルがおすすめのポイント

筆者が使っているのはこちらのホワイトニングジェルです。薬用ちゅらトゥースホワイトニングと言います。他のホワイトニングジェルとの違いは厚生労働省が効果を認定した医薬部外品ということです。他にもおすすめの点を紹介します。

研磨剤不使用でステインだけを除去

エナメル質を傷つける研磨剤が入っていません。ステインを除去する成分としてポリアスパラギン酸を配合。さらにリンゴ酸を含んでいるので、再びステインが付着するのを防いでくれます。

虫歯を予防

新規成分GTOを配合。GTOは虫歯のリスクを大幅に軽減することが研究により確認されている成分です。ほとんどのホワイトニングジェルが歯を白くするだけですが、ちゅらトゥースホワイトニングは虫歯の予防もできます。

厚生労働省が認定した医薬部外品

歯を白くする、虫歯予防、口臭予防、歯周病予防といった効果が厚生労働省に認められた医薬部外品です。


おすすめ度No.1のホワイトニングジェルはこちら

更新履歴